ココペリ LINK のページ

Heard Museum
 アリゾナ州フェニックスにある、ハードミュージアムのネイティブアメリカンコレクションは比類なき存在です。
Indian Pueblo Cultural Center
 アメリカのサイトで、プエブロ・インディアンの情報が豊富です
SWAIA
 毎年夏にニューメキシコ州サンタフェのプラザで開催される、インディアンマーケットのサイト。
 小さな町が世界中から観光客が訪れます。優秀なアーチストの発掘の場としても有名です!
Albuquerque
 サウスウェスタン地域への入り口のひとつの都市、アルバカーキの紹介サイトです。
Nobuo at Teeter House 〔レストラン〕
 フェニックスのダウンタンで、モダンジャパニーズのレストランをされている、Nobuo Fukudaさんのレストランです。
 100年以上の前のオールドハウスを抑えた和の感じで改装されたお店です。
 お料理はというと、築地から空輸された魚や、アメリカ国内で獲れたサーモンやヒラメ、アリゾナの農家から仕入れたこだわりの
 野菜や卵を使い和食でもない、イタリアンでもない、オリジナルモダーンジャパニーズの一品一品に驚かされます。
BLUE CORN CAFA 〔レストラン〕
 ブルーコーンカフェは、サンタフェに行った時の昼食によく利用しているニューメキシカンのレストラン。
 雰囲気もいいし、落ち着くし、とても美味しいです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
Native Heart  地球での生き方を学びなおす探求の旅
 ネイティブ・アメリカンにとても詳しい、北山耕平さんのサイトです。数多くの執筆活動をされていることもあり、 ネイティブアメリカンに関して、とても充実されたウェブサイトです。ホピ宣言なども読むことができます。
めるくまーる
アメリカ・インディアンに関する、多くの出版物を刊行されているほか、精神世界や、世界文学など、 内容の深い出版活動をされている出版社です。インディアン関連以外でも良書が多数!
ビインネットプレス
こころとからだ、精神に役立つ情報を発信している、新進の出版社です。インディアンの民話シリーズは、とても美しい装丁で 全4巻発売されています。ココペリでは日本の出版物でご注文できます。
葉っぱの坑夫
は、にほん語と英語の両方の言語で、翻訳作品とオリジナル作品を公開するオンライン出版社です。メンバーはすべて、このプロジェクトにボランティアとして参加していて、 活動のほとんどはインターネットのオンライン上で行なわれているという、とにかく、ユニークな活動をしています。書籍になっている「糸ごよみ」以外で、アメリカ・インディアンに関するものも ウェブ上で読めます。ヤカマ・インディアンの「糸ごよみ」」は当店でも販売しています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
WINKTE
ディアバッグなどをつくるアーチストで、当店でも販売させていただいています。 個性的で隅々まで丁寧に仕上げられています。あたたかで誠実な人柄と、 感性豊かな作品は、自信を持っておすすめできる商品です。 WINKTE商品のページ
アルマジロナイフのラコタDays
ラコタの地で長らく生活をし、現在ジュエリーづくりをされている、堀江純氏のブログです。 ラコタの精神と日本人の精巧さをミックスしたジュエリーは、比類無い世界をつくり出している感じです。 クマの爪などを利用したペンダントは絶大な人気があります。
堀江純商品のページ
HiTo Coffee Beans 神戸市兵庫区梅元町
ネイティブアメリカンのカルチャー、特にラコタに興味をもつ ご夫婦が経営されている自家焙煎コーヒーショップです。 母なる大地ブレンドや父なる天ブレンドなどのコーヒーがあります。 東京にお出かけの折には、いつも当店にも立ち寄っていただいています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
choice チョイス
義弟、三笘修(みとまおさむ)の陶磁器を販売していただいている、和の食器屋さんです。優秀な作家さんたちがつくる、 あたたかな器などのデパートと言った感じの、質、量ともに大満足のサイトです。
クロスロードスクエアーズ
千葉県四街道市を本拠に活動されている、スクエアダンスの「クロスロードスクエア」。いろいろな施設で、 1日体験なども頻繁にされているようです。(ミュージック入りホームページ)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ホテル町田ヴィラ
遠方から宿泊かねてご来店のお客様にはおすすめなシティーホテルです。小田急線町田駅から徒歩2分。 ホテルから当店ココペリまで徒歩で約4分ぐらいの便利な立地です。宿泊と食事セットでお得感たっぷりだと思います。 町田では珍しくなってしまったフランスレストラン「シェ・プルミエ」があります。
リゾートイン スクアミッシュ
車山高原のペンション、スクワミッシュです。とっても感じのいいご夫婦は時々ココペリにご来店いただいています。 夏はハイキング、冬はスキー、スノボーなどが出来て、都心からのロケーションもいいです。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

KOKOPELLI ココペリ
voice&fax  042-723-9707 (FAXは24時間OK)
〒194-0021東京都町田市中町1-18-16 A1ビル1F
 OPEN 12:00〜20:00  水曜定休

 問い合わせ 〔メールでのお問い合わせ〕

★当サイトのリンクに関して−−−−−
 当ショップ、ココペリのページのリンクは原則フリーですが必ずご一報ください。
 必ず、http://www.kokopelli.jp/のトップページをリンクしてください。
 但し、リンクによって発生したトラブルなど一切責任は負いませんのでご了承下さい。
 また、違法である可能性がある情報を提供するサイトや、人として生きる道を間違っているような
 サイトのリンクはお断りいたします。こちらからお断りした場合は速やかに削除してください。


HOME PAGE